対応可能地域: 多治見市・土岐市・瑞浪市・可児市・春日井市・美濃加茂市・御嵩町 アクセス

小さな葬儀専門です

0120-447-984 お急ぎの方は 24時間年中無休 お問い合せ時間 9:00-18:00

永代供養とは

永代供養とは

お墓に対する悩み・継承者がいない

お墓はこれまで親から子、子から孫へ承継されていくものと考えらえていました。 しかし、近年、お墓に対する考え方に変化が見られます。背景には、人口都市部集中、核家族化、承継者不在などの問題があります。さらに「家」に対する帰属意識の希薄化また、菩提寺と檀家という関係の希薄化も要因となっています。?

お墓の使用権取得者(名義人)が亡くなった際、「お墓を継ぐ」必要がありますが、これを「承継」と呼びます。 「お墓」の権利は基本的に『所有権』ではなく『使用権』です。つまり継承者があって初めてお墓は存続するということになっています。また、「祭祀財産」という性格をもっていて、本人による遺言もしくは慣習により承継者が決められます。日本のお墓は、承継者が管理料を支払って墓守することで、承継者が続くかぎり使用できるシステムになっています。 お墓の承継は、家を継ぐ長男が継承することが半ば慣習化していましたが、子供のいない夫婦・子供がいても娘だけの家など、家族の姿が大きく変化してきた今、親族間で承継することが困難な事例が増え深刻な継承者問題が表面化してきています。

永代供養墓の需要が急速に増加

  • 永代供養墓とは
    • お墓参りできない人に代わって、あるいはお墓参りしてくれる人がいなくても、代わりにお寺が責任持って永代にわたって供養と管理をしてもらえるお墓のことです。
    • 永代供養墓は、「えいたいくようばか」あるいは「えいたいくようぼ」と呼ばれています。
    • 一般的に他の人と一緒の墓あるいは同じ納骨室(棚)に安置されることから、合祀(ごうし)墓、合同墓、合葬(ごうそう)墓、共同墓、集合墓、合葬式納骨堂などとも呼ばれています。
  • 一般のお墓(先祖代々のお墓)との違い。
    • お墓参りしなくてもお寺が責任を持って永代にわたって供養と管理をしてくれます。
    • 墓石代がかからない(個人墓の場合を除く)、墓地使用料が割安になるなどで、一般のお墓と比べて料金が安くなります。
    • 一式料金を一度支払えば、その後管理費、お布施(お塔婆代など)寄付金など一切費用はかかりません。
  • 永代供養墓の納骨は方法

    お寺によって異なりますが、次の3つの方法が一般的です。

    • 合祀(ごうし) ・・・最初から遺骨を骨壷から出して1ヵ所にまとめ土に還す(合祀墓と言われています)
    • ある一定期間、納骨壇あるいは棚に骨壷のままお骨を安置、その後合祀する。
    • お骨を分骨し、一部を一定期間あるいは永大に安置し、残りのお骨は合祀する。
  • 供養の方法

    お寺によって異なります。

    • 毎年の春彼岸、お盆、秋彼岸に合同供養を行う。
    • 年に1回あるいは毎月供養
    • 毎年祥月命日も供養
    • 回忌供養も供養
  • 永代供養墓の費用

    永代供養墓の料金は以下のような構成です。お寺によって、それぞれ異なりますが位牌、戒名授与料を除き一式費用のところが多くあります。

    • 納骨法要のお布施
    • 永代供養料=永代にわたって供養してもらう費用。
    • 刻字料=墓誌に納骨者名などを彫る費用。
    • 永代使用料
    • 永代管理料
    • 位牌料
    • 戒名授与料

永代供養墓の一式料金は、各お寺によってまちまちで、10万円という永代供養墓もあれば、100万円以上するところなどもあります。また、最初から土に還す合祀であれば1体10万円、お骨を一定期間で安置するかたちであれば30万円~50万円が平均的な金額と言われています。